トップページ > 東京都

    このページでは東京都で車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車のオンライン査定を依頼してして高く買い取ってくれる東京都の車買取店に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    車を高価買取してもらうためにやるべきことは「東京都にある複数の車買取店で査定の比較をする」ということになります。1社の車買取店だけとかなじみのディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするので考え直してください。

    中古車一括査定サイトなら自宅でも外出先でもオンラインで査定が依頼できるので隙間時間でできます。東京都にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、あなたが乗っている車の買取額の相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場をオンラインで調べられる一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心してオンライン査定の申し込みができます。
    買取業者の数も1000社超なので断トツの多さ!最大50社に車の買取査定の依頼が可能です。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話がかかってこないので安心です。
    もちろん、東京都でも対応していて無料です。

    「車を少しでも高く売りたいからオンライン査定で買取相場がいくらか知りたいけど、電話で営業されるのは…」と思っているならメールで査定額の回答をしてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っている車の買取相場分かりますし、個人情報が送信されないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までにない新しいオンライン査定サービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、数年落ちの車でも東京都で高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的なオンライン査定の申し込みができる車一括査定サービスであれば、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話連絡は1社だけなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの車の買取相場ってオンライン査定で分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際にはすぐに即決することなく、東京都に対応しているいくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの車でも高く売ることができます。

    オンライン査定では最大10業者が車を査定してくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたの車を売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にオンライン上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。
    提携している業者も200社以上で、複数の業者があなたの車の査定額を提示します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比べることができるので、東京都に対応している複数の買取業者に依頼をして長年乗ってきた車を少しでも高く売りましょう。

    オンライン査定の累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    車のオンライン査定をするだけで楽天ポイント5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した車を高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは結構うれしいですね。
    提携している買取業者は約100社と他の買取業者と比較すると少ないですが、オンライン査定字には東京都にある最大で10社の会社が車の査定してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の価格差の事例が複数提示されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    さまざまな種類の中古商品の売却の際にいえることでしょうが、これらの査定相場は変動が著しいです。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、どんな車の種類であるかによって、相場が高値になる季節、もしくは地域がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    その一方で、全部の車種に共通しているのは、大概初年度登録から経過した日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    車の売却が現実的になったのならば少しでも早く行動に移した方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、中古車の買取に出す前にしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどはセルフメンテである程度は消すことが出来るでしょう。

    中でも喫煙の習慣があった人は、タバコ臭が残留しているとそれだけで査定が低くなるので、できるだけ除去しておくようにしましょう。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは査定額が出ないことがあるのです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買取をお願いする事ができますので、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    査定士が実車を査定するときは所有者が臨席しなければならないなどという約束を設けている業者はいないと思いますが、本人不在で起こりうるトラブルを防止すべく、できるだけ実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、車のことがわかる人がいないのに乗じてこっそりキズをつけて少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車はタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、稼働パーツが劣化していても気づかないことが多く、敬遠されることがあります。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が高額査定が期待できるという説があります。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、業者が見逃すことを期待しているのです。

    しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。

    それより、いつ来ても構わないという気持ちで出来るだけたくさんの業者に査定させる方が良いのです。

    査定金額には有効期限がありますし、ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、おのずと査定額も上がってくるというものです。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に買取業者による現物査定が行われ、最終的な買取額が算定されます。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、満足な価格になったところで契約書を交わします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと指定した口座に売却代金が振り込まれます。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかし、あくまでも目安ですから、年式が古い車の場合通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    愛車を売ろうという場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと調子を崩すことが多くなってきます。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も買取業者などに売却することは可能です。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、相当な労力と時間がかかることは否めません。