トップページ

    このサイトでは車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    あなたの車を少しでも高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に買取査定の依頼をして高く買い取ってくれる買取専門店を見付けること」です。
    とはいっても、1店舗1店舗に車を持ち込んで買取査定をしてもらうのは時間もコストもかかってしまいます。
    その反面、オンライン査定であれば自宅にいながら複数社に今乗っている車の買取査定をお願いすることができますし、査定額の比較をすることもできます。その中で気になる買取店が見つかれば、いくつかの買取店に実車査定をお願いして納得できる買取額を提示してくれたところにあなたの愛車を売りましょう。

    もちろん、実車査定時の出張査定も無料です。是非、車のオンライン査定を利用してあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者を見つけてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料のオンライン一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社へ車の査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスはオンラインで利用できるので便利な反面、依頼するとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は「メールでの連絡希望」と記入すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国に対応していて出張査定も無料。

    「少しでも高く売却したいから車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っている車の買取相場分かりますし、個人情報が他社に送信されないという無料のオンライン査定サービス。

    電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービスで注目を集めています。オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、中古車を高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的なオンラインで利用できる車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    実際の車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「オンライン査定で簡単に中古車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取が可能になります。

    オンライン査定では約10社の業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にオンライン上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した中古車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した中古車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    オンライン査定の利用者数は累計100万人以上の実績がありますし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    オンライン査定の申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるのでネット通販などで楽天をよく使うユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきた自動車を高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他のオンライン査定サービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社が中古車の査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    オープンカーは夏場に相場が上昇するなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性がほぼ決まってしまう事もあり得るということです。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、初めて登録した日からの日数が深くない方が高値で売却できることが多くなるのです。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方がおそらく高値で取り引きできるでしょう。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる元凶となります。

    しかしながら、修理歴のある車が全部同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは何点か考えられますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    それよりも酷いケースになると、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後にさまざまな業者から電話がかかってきます。

    現物を確認しなければ見積額は決まらないから、家にお伺いしたいという電話です。

    時には電話を再三かけてくる迷惑な営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら既によそで売却済みと言ってしまうのが効くみたいです。

    もしくは、電話連絡なしの設定が選べる見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、だいたい1万キロというのが相場です。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれてタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、査定時に提示された見積額には有効期限が設けられているのが普通です。

    実際に何日間の設定がされているかはまちまちですし、見積りを出してくれた担当者に有効期限を確かめておいたほうが良いでしょう。

    期間としては最長でだいだい2週間弱を見込んでおけば良いですが、決算期やボーナス時期などには短めの設定になることが当たり前です。

    中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきて面倒な思いをすることもあるでしょうが、複数の買取店舗で見積もってもらうのは少しでも高く車を売るためには有効な手段です。

    相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに惑わされて急いで売却するのは賢明ではありません。

    早急に物事を進めないことが、高く売却する秘訣のひとつと言えるのです。

    自動車を手放す手続きをする際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、自分で手続きに行っても良いと思います。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    自分の家の周辺にバスや電車等の路線が発達しているなどの理由から、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば車を売ってしまうことでかなりの節約になること請け合いです。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、自分の家に駐車スペースがなければ駐車場の料金も維持費として挙げられます。

    全ての合計を見ると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。