トップページ

    このサイトでは車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    あなたの車を少しでも高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に買取査定の依頼をして高く買い取ってくれる買取専門店を見付けること」です。
    とはいっても、1店舗1店舗に車を持ち込んで買取査定をしてもらうのは時間もコストもかかってしまいます。
    その反面、オンライン査定であれば自宅にいながら複数社に今乗っている車の買取査定をお願いすることができますし、査定額の比較をすることもできます。その中で気になる買取店が見つかれば、いくつかの買取店に実車査定をお願いして納得できる買取額を提示してくれたところにあなたの愛車を売りましょう。

    もちろん、実車査定時の出張査定も無料です。是非、車のオンライン査定を利用してあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者を見つけてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料のオンライン一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社へ車の査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスはオンラインで利用できるので便利な反面、依頼するとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は「メールでの連絡希望」と記入すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国に対応していて出張査定も無料。

    「少しでも高く売却したいから車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っている車の買取相場分かりますし、個人情報が他社に送信されないという無料のオンライン査定サービス。

    電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービスで注目を集めています。オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、中古車を高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的なオンラインで利用できる車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    実際の車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「オンライン査定で簡単に中古車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取が可能になります。

    オンライン査定では約10社の業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にオンライン上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した中古車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した中古車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    オンライン査定の利用者数は累計100万人以上の実績がありますし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    オンライン査定の申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるのでネット通販などで楽天をよく使うユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきた自動車を高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他のオンライン査定サービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社が中古車の査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、ウェブ上で瞬時に行える中古車一括査定サイトでしょう。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに実査定をしてもらって、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    買取業者の中には相見積もりを嫌がるところもありますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、中古車の見積もりにかかる時間はただ待っているだけの時間を除くとおおよそ15分弱でしょうか。

    これは現時点における車種ごとの中古車のオークションの相場などを基本として前もってベースの査定額が決まっていて、ベース金額から走行距離、さらには車の各部位の状態などを確かめてから、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、最終的な価格を決定することが可能だからです。

    中古車の買取に関する場合のみならず、どんなジャンルの場合でも同様ですが、口コミには否定的なものが絶対あるのです。

    ひとつやふたつの悪いコメントを発見したとしても、その悪いコメントだけに振り回されてしまうと最終的には何も手に付かずということになるかもしれません。

    口コミはほどよく参考にする程度にして、取り敢えず無料の見積もりを受けてみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが最良の方法となるに違いないのです。

    実車査定を受けるために、買取業者のところに車で行くのではなくて、先方からこちらへ出張してもらうといった選択肢もあります。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が無償で出張査定を行っています。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、競合見積りさせることも可能です。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、高値で売却できるメリットがあります。

    年度末で商戦華やかな3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    業者の意図としては今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    売る時期を特に決めていないのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    車の中がきれいに掃除してあったり、前もって洗車して磨き上げたところで、見積額がプラスになることはありません。

    ユーザー個人が出来る掃除であれば後々業者の手で行うことも可能なのですから、無理もありません。

    とはいえ良い影響がないわけではないのです。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    車の値付けや取引をしているのは人間ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。

    自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。

    自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら車を売ってしまうことで大幅な節約になるでしょう。

    自動車維持にかかる費用の内訳は、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    これらの合計を出すと、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかし、あくまでも目安ですから、旧型の自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離数が少ない方が有利です。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、車を査定するときに大幅にプラスにならないというのを覚えておくと良いかも知れません。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    当然ですが車検切れの車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだと査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。