トップページ

    このサイトでは車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    あなたの車を少しでも高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に買取査定の依頼をして高く買い取ってくれる買取専門店を見付けること」です。
    とはいっても、1店舗1店舗に車を持ち込んで買取査定をしてもらうのは時間もコストもかかってしまいます。
    その反面、オンライン査定であれば自宅にいながら複数社に今乗っている車の買取査定をお願いすることができますし、査定額の比較をすることもできます。その中で気になる買取店が見つかれば、いくつかの買取店に実車査定をお願いして納得できる買取額を提示してくれたところにあなたの愛車を売りましょう。

    もちろん、実車査定時の出張査定も無料です。是非、車のオンライン査定を利用してあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者を見つけてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料のオンライン一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社へ車の査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスはオンラインで利用できるので便利な反面、依頼するとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は「メールでの連絡希望」と記入すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国に対応していて出張査定も無料。

    「少しでも高く売却したいから車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っている車の買取相場分かりますし、個人情報が他社に送信されないという無料のオンライン査定サービス。

    電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービスで注目を集めています。オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、中古車を高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的なオンラインで利用できる車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    実際の車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「オンライン査定で簡単に中古車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取が可能になります。

    オンライン査定では約10社の業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にオンライン上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した中古車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した中古車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    オンライン査定の利用者数は累計100万人以上の実績がありますし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    オンライン査定の申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるのでネット通販などで楽天をよく使うユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきた自動車を高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他のオンライン査定サービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社が中古車の査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページがあちこちに見受けられます。

    細かな具体的な見積金額に関しては査定担当者が実際に中古車を見てみないと一概には金額を言えない状況もありますが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、実際に査定に出す前に充分に清掃しましょう。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭はいくらかは自分でメンテナンスする事で片付けることができるはずです。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、買取店舗によっても多少の違いはあるでしょうが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    そうは言っても、車検を実施して直ぐに売却をしても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格に上乗せされることはないので、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    その場合、製造年は無関係で、車検証の「初度登録年月」ですからわからなくなったら車検証を見てみましょう。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば過走行車ということで非常に低い価格になるのが普通です。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、もし購入する気持ちで考えてみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    中古車屋から車の買取料の入金があるのは、正式に売買契約をしてから早くて数日、遅くて1週間といったところです。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、実印がなかったり必要書類が不足していれば正式な契約という扱いにはなりません。

    売却代金を早く受け取りたいと思ったら、査定の前に、車を売ると決心した時点で必要書類を集めておくと良いでしょう。

    必要な書類は軽自動車と普通乗用車の場合とで異なりますから、事前にネットなどで調べておきましょう。

    仮に車内の清掃が完璧であったり、前もって洗車して磨き上げたところで、査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    素人による清掃は誰にでもできるのですから仕方がないことです。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    実写査定の際に車がきれいになっていると、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、ずっと有効なわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    見積もり金額を表示されたときにその場で売ることを決心できないときには提示された査定額の有効期限がいつまでなのか必ず聞いておくようにしてください。

    交渉次第で査定金額の補償期間が延びる場合もあるでしょうが、長期間同じ値段で買い取ってもらいたいと言うのは難しいでしょう。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明はいりません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件を満たせば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    その一定の条件というのは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    更に、保険金の還付があったとしても勝手に振り込まれるわけではないのです。

    保険会社に対し自らが手続きをしてはじめて還付されます。