トップページ

    このサイトでは車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    あなたの車を少しでも高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に買取査定の依頼をして高く買い取ってくれる買取専門店を見付けること」です。
    とはいっても、1店舗1店舗に車を持ち込んで買取査定をしてもらうのは時間もコストもかかってしまいます。
    その反面、オンライン査定であれば自宅にいながら複数社に今乗っている車の買取査定をお願いすることができますし、査定額の比較をすることもできます。その中で気になる買取店が見つかれば、いくつかの買取店に実車査定をお願いして納得できる買取額を提示してくれたところにあなたの愛車を売りましょう。

    もちろん、実車査定時の出張査定も無料です。是非、車のオンライン査定を利用してあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者を見つけてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料のオンライン一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社へ車の査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスはオンラインで利用できるので便利な反面、依頼するとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は「メールでの連絡希望」と記入すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国に対応していて出張査定も無料。

    「少しでも高く売却したいから車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っている車の買取相場分かりますし、個人情報が他社に送信されないという無料のオンライン査定サービス。

    電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービスで注目を集めています。オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、中古車を高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的なオンラインで利用できる車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    実際の車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「オンライン査定で簡単に中古車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取が可能になります。

    オンライン査定では約10社の業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にオンライン上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した中古車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した中古車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    オンライン査定の利用者数は累計100万人以上の実績がありますし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    オンライン査定の申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるのでネット通販などで楽天をよく使うユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきた自動車を高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他のオンライン査定サービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社が中古車の査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    一般的に、中古車査定業務において絶対必要になってくる国家資格はないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、大型車、小型車の二種類存在しています。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと授与されないので、中古自動車査定士の資格がある人は、車の査定の腕前が一定以上であることを証明してくれるはずです。

    中古車の売却を考えたならば、一番最初にすることは、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

    現時点での相場の価格を知っていれば買いたたかれてしまう可能性を随分と減らすことが出来るでしょうし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店に直ぐにそこで契約まで進んでも構わないでしょう。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、査定を一店舗で終了させないで査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    他の店舗が表示した見積もりの金額を言うことで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    多くの会社に一度に査定依頼をするには無料で車の一括査定を行えるサイトを使うと良いのですが、この時に異様に査定額が高いところは詐欺まがいのことをされるかもしれませんので気をつけましょう。

    買取業者に中古車を買ってもらうには、まず見積りをもらうところがスタート地点です。

    ネットでも査定額を知ることができるサービスが存在しますが、それは簡易査定ですので、現物を見た上で買取り価格が算出されます。

    満足のいく価格であれば、言われた書類を整え、その業者と売買契約を締結します。

    その後、車両の引取りと所有者の名義変更といった作業を終了したあと、買い取った業者から入金があり、あとは何もする必要がありません。

    手続き完了です。

    乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価格に及ぼす影響は少ないでしょう。

    ただ、タイヤがスタッドレスのときはひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、雪国などでもない限り普通タイヤに交換してからでなければ販売できません。

    結局、その手数料として引かれた額が買取額となります。

    車の売却査定を依頼する際は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、結婚で姓が変わった場合や現住所と書類の住所が一致しない場合は提出書類は増えます。

    業者は決まらなくても、売ると決心した段階で必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    近頃販売されている車は買った当初からカーナビが付いているものが多数派となってきました。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば査定額アップが望めるでしょう。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、見積もりをしてもらう前にあらかじめ外してカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    一律と言うわけではないのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    一個人が持っている車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明点は確定申告のときに税理士に相談するなどして対応してください。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

    そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。

    しかしながら、車を手放すときには、支払った税金の残り月数分の金額が査定に上乗せされますから、損したと思うようなことはないのです。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。