トップページ

    このサイトでは車のオンライン査定におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「車のオンライン査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが気になっている場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    あなたの車を少しでも高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に買取査定の依頼をして高く買い取ってくれる買取専門店を見付けること」です。
    とはいっても、1店舗1店舗に車を持ち込んで買取査定をしてもらうのは時間もコストもかかってしまいます。
    その反面、オンライン査定であれば自宅にいながら複数社に今乗っている車の買取査定をお願いすることができますし、査定額の比較をすることもできます。その中で気になる買取店が見つかれば、いくつかの買取店に実車査定をお願いして納得できる買取額を提示してくれたところにあなたの愛車を売りましょう。

    もちろん、実車査定時の出張査定も無料です。是非、車のオンライン査定を利用してあなたの車を高く買い取ってくれる買取業者を見つけてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車相場が調べられる無料のオンライン一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心して利用できます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な数!最大50社へ車の査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスはオンラインで利用できるので便利な反面、依頼するとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は「メールでの連絡希望」と記入すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、全国に対応していて出張査定も無料。

    「少しでも高く売却したいから車の買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っている車の買取相場分かりますし、個人情報が他社に送信されないという無料のオンライン査定サービス。

    電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービスで注目を集めています。オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、中古車を高く売却できる車買取業者が見つかります。

    一般的なオンラインで利用できる車買取一括サービスといえば、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1社からのみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    実際の車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が買取価格を入札していくという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の相場が分かるので、「オンライン査定で簡単に中古車の買取相場が知りたい」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話がかかってきたらすぐに即決することなく、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちの中古車でも高価買取が可能になります。

    オンライン査定では約10社の業者が中古車の見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた会社にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にオンライン上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、その中から最大で10社があなたが愛用した中古車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数業者に査定依頼をして長年愛用した中古車を1円でも高く売ることをおすすめします。

    オンライン査定の利用者数は累計100万人以上の実績がありますし、サポート体制も充実していますので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前を見ればわかる通り楽天グループが運営している車買取の一括査定サイト。
    オンライン査定の申し込みだけでも楽天ポイント5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるのでネット通販などで楽天をよく使うユーザーにはおすすめできるサービスです。

    長年愛用してきた自動車を高く買い取ってもらって、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携している業者は100社なので他のオンライン査定サービスと比べると少なめですが、最大で10社の会社が中古車の査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には買取希望の中古車の見積もりを一度に沢山の会社にお願いできる、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、自分の足を使って複数の会社に査定してもらいに行く手間が省けるのです。

    利点が多いとはいえ、お店によっては売却を勧める電話が何回もかかってくる可能性もあるので、携帯などに電話がかかってくるのが嫌な場合には、業者との連絡はメールで大丈夫な一括サイトを選択すると面倒はないでしょう。

    中古車の買取業者が見積もりの際にチェックする項目と言えば、大きく分けると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車内の臭いや内装の状態確認、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    車一括査定サイトを利用する際の要注意項目として、査定金額トップのところが絶対的に最良店舗だとは言いきれないということがあるのです。

    幾つもの業者の査定額を比較したとき、相場の査定額よりも妙に高い金額を示しているところが存在するときには何かおかしいと感じる癖を付けた方が良いかもしれません。

    そこで取り引きを実行すると決まったときには、買取が成立してしまった後で何だかんだと言われて買取金額が査定金額よりも随分低い値段になる可能性もあるのです。

    決算期で販売合戦の激しい3月と、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    業者の意図としては期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    売る時期を特に決めていないのであれば、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    逆に決算終了後の4月には査定額が全般に下がり気味になります。

    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、その後、修理して乗るというケースは案外多いものです。

    ただ、あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということでガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それはケースバイケースとしか言いようがありません。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしても支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

    裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士などと話し合ったほうがいいかもしれません。

    中古車屋の査定というのは、複数のチェック項目ごとに基準値を設けて減点、ないし加点をして最適な査定額が提示できるようにしています。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、ヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、逆に減点の度合いが大きくなってしまう状況にもなり得ます。

    修理知識と実務の経験があるのなら問題ないのですが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    車を中古車屋に売る際にしておくことは、突き詰めるとたった2種類しかありません。

    最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    市場価値を知らないと、明らかに損な価格で売却する場合もないわけではありません。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    つい外側に磨きをかけてしまいがちですが、どちらかというと力を入れたいのは車内のほうです。

    拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

    臭いがあると第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    しかし、あくまでも目安ですから、年式が旧型ならば一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    自動車を売るときにはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。

    同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも正式な手続きを経ることで売却が可能になります。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、所有者の印鑑証明書、所有者による委任状(実印押印)、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、印鑑登録も無効になりますから単純にはいきません。

    ですから、名義の変更(移転登録)を行った上で売りに出します。

    その場合は書類も増えますし、かなり手間がかかると考えて間違いありません。